ガンを防ぐ食生活

アメリカ人のガン罹患率(りかんりつ)は、3人に1人と、
2人に1人の日本より低いのが現状です。

 

 

それはアメリカが、何十年も国をあげて必死にガンと取り組んできたからです。

 

 

そして今も確実に罹患率は低下しており、
上昇している日本とは正反対です。

 

 

日本においてもガン予防法を懸命に働きかけており、
その3本は「食生活」「運動」「禁煙」であると広報しています。

 

ガン予防,食生活,運動,禁煙

 

アメリカのガン研究財団がすすめる食生活として、

 

1.ファストフードのような脂肪分の多い食物と糖分の多い飲料を避けること

 

2.毎日5種類以上の野菜類を摂る

 

3.緑黄色野菜、果物、全粒穀類、豆類を積極的に摂る

 

4.鶏肉を除く肉類の摂取は、週に510g以下にする

 

5.飲酒は女性の場合、1日ワイン1杯、ビール小瓶1本以下(男性はこの倍)に抑える

 

6.塩分を控えて、1日6g以下に抑える

 

7.必要な栄養は極力食物から摂ると発表しています。

 

ガン予防,食生活,運動,禁煙

 

ガン専門医のアメリカのヒュール医師は「私は患者に、低脂肪、高繊維など
正しい食生活を指導しています」と述べています。

私が手軽な発酵食品で、疲れにくい元気な身体を作れた方法