発酵食品の種類

農耕文化圏にある日本には、味噌、醤油、納豆などの大豆発酵食品、
それに甘酒や漬け物などの発酵食品が豊富にあります。

 

 

米を主食にしている日本人には、発酵食品がよく合いますし、
健康でもあります。

 

 

そのほか、現在私たちの身の回りの発酵食品には、黒酢、味噌、かつお節、
発酵茶、イカの塩辛、醤油、日本酒、魚の発酵、塩麹、ヨーグルト、チーズ、
キムチ、マッコリなど多くの食品があります。

 

黒    酢・・・・・ダイエット食
味    噌・・・・・アンチエイジング
か つ お 節・・・・・細胞の活性化
イカの塩辛・・・・・血圧を下げる
醤    油・・・・・アルツハイマー病予防
み  り  ん・・・・・血管を丈夫にする
漬    物・・・・・健康長寿食
日 本 酒・・・・・血行促進とガン予防
酒    粕・・・・・別名飲む点滴
ヨーグルト・・・・・・免疫力アップ
チ  ー  ズ・・・・・骨粗しょう症の予防
キ  ム  チ・・・・・腸内をきれいにする
マ ッ コ リ・・・・・美肌効果と抗ガン作用

 

食品を発酵させるメリットとして、一つめは、「栄養価が高まる」ことです。

 

 

例えばヨーグルトなどに含まれる乳酸菌のプロバイオティクス(腸内細菌の
バランスを整えて体内の防御機能を高める)効果はよく知られていますし、
納豆には血栓予防効果が期待できるナットウキナーゼのほか、
血圧を正常化するという酵素も豊富に含まれています。

 

 

二つめは、「風味や香りがよくなる」ことです。

 

 

チーズやクサヤなどは、その独特の風味と香りが最大の魅力といえます。

 

 

そして最後に、「保存性が高まる」ということです。

 

 

湿度の高い日本では、食品の腐敗を防ぐ手段として発酵技術が進化した
ともいわれています。

 

 

また、発酵食品は、医学的にもその薬効が明らかになってきています。

 

 

主に免疫力を高め、徴なさい菌のバランスを整えるなどの作用があるほか、
がんの予防や老化防止などの効能が数多く報告されています。

 

発酵食品,効果,効能

私が手軽な発酵食品で、疲れにくい元気な身体を作れた方法